日本におけるカジノの位置付けとは

ギャンブルに対する意識

依存性があるから禁止

まだ、日本にカジノを作っても良いという法案がありません。
すなわち現在は、法律でカジノが禁止されています。
なぜ日本は、カジノが禁止されているのでしょうか。
それは依存性があると思われているからです。
お金を掛けるゲームには、依存性があります。
カジノに夢中になって破産する人が増えることを危惧しているので、カジノを禁止しています。
カジノを作っても良いという法案を通す場合は、きちんと国がギャンブル依存症の対策をしなければいけません。

日本にカジノを作れば、観光資源になるという意見もあります。
それは日本にとって、大きなメリットになるでしょう。
日本へ旅行に来る海外の人が、年々増えています。
魅力的な観光地がたくさんあると、それだけ観光客は喜びます。
経済が潤って、日本人にとっても嬉しいことがたくさん訪れますね。
ですから簡単ではありませんが、新しい法案を通そうとする動きが見られます。
その際は、ゲームに掛けられるお金を制限するなどの工夫が必要です。

現在は禁止されているので、勝手にカジノを作って経営することはできません。
そのようなお店は違法賭博店だと認識されるので、警察に逮捕されます。
実際に捕まった人がたくさんいるので、絶対に経営しないでください。
ゲームセンターに、スロットなどのゲーム機が置いてある光景をたまに見かけますが、あれはあくまでもゲームなので許可を申請すれば設置しても良いという決まりになっています。

なぜ日本にカジノがないのか

ギャンブル依存症という言葉を、聞いたことがある人が多いと思います。 カジノもギャンブルに含まれ、他のギャンブルに比べて依存性が高いという理由で日本に作ることを禁止しています。 日本にカジノがないので、やりたい場合は海外へ行かなければいけません。

カジノにはメリットがあるという意見

近年は、日本にカジノを作っても良いのではないかという意見を訴える人が見られます。 カジノを作ることで、さらに日本の魅力が増えるメリットがあります。 海外から訪れる人が増えるので、経済効果が生まれます。 そのため、法律を見直す動きが始まっています。

現在は完全に禁止されている

今の日本では、完全にカジノ施設を作ることや経営することを禁止しています。 万が一経営していることを知られたら、警察に捕まってしまいます。 また、利用する側も罪に問われることを忘れないでください。 好奇心で、違法賭博店へ行くことは絶対にしてはいけません。