>

なぜ日本にカジノがないのか

カジノが日本に存在しない理由

法律で、日本にカジノを作ってはいけないと決まっています。
なぜそのような法律があるのでしょうか。
それは、依存症の危険があるからです。
カジノでは、お金を掛けてゲームをします。
ゲームに成功すればたくさんの利益を得られますが、失敗すれば逆にお金を失います。
自分で限界を感じたらストップできればいいですが、夢中になってお金がなくなるまでカジノに取り組んでしまう人が海外でたくさん見られます。

日本人の多くがそんなことになったら大変なので、カジノが禁止されています。
ギャンブルに対する考え方が変わったら、今後はカジノを作っても良いとう法律が生まれるかもしれませんね。
現在は、少し法律を改正するような動きも見られます。

依存性の対策を考えよう

ギャンブル依存症にならないような仕組みができれば、カジノを怖がる必要はありません。
ですから、日本にカジノを作るためには、同時に依存性の対策も必要です。
国が依存症を防ぐために、ギャンブルの恐ろしさを伝えたり、依存症になってしまった人を更生させる取り組みが求められています。
日本には、カジノ以外のギャンブルは存在します。

競馬やパチンコなどが、ギャンブルに含まれます。
それらでも依存症になってしまう人がいるので、カジノの実現がさらに難しくなっています。
まずは現在いる依存症の人を、無事に更生させることを優先しなければいけません。
ギャンブル依存症になっても更生できると多くの人が把握すれば、意識も変わります。


この記事をシェアする