>

なぜカジノは嫌われる?

日本での現状

そもそもなぜ日本人はカジノが苦手なのでしょうか。

一番の理由は、賭け事が嫌いだという日本人が未だに多いということです。
真面目な日本人は、あまりそういったリスクの高いことを好む傾向にはありません。
現に県の条例などで禁止にしているところもたくさんあります。

また、大半のいわゆる非合法カジノと呼ばれているところは、反社会的勢力が関わっているケースが多いので、立ち寄りたくないという人も多いです。

それに、これはカジノに限ったことではありませんが、そういった場所がある地域は、治安があまりよくない、出来た途端に荒れだしたという実情もあります。
これらの事情が重なり、カジノを嫌っているもしくは避けている人たちが多いのです。

リスク

また、宝くじやパチンコと比べて、カジノの場合は負けたときのリスクがとてつもなく大きいというイメージがあります。
ただその分、勝ったときのプラスも大きいという部分もあるのですが、どうしても悪いイメージが先行しています。

実は、カジノが有名な国の人たちは、カジノを賭け事ではなくただの遊びだと割り切って楽しんでいる人が大半です。
ですが、堅実な考えを持っている日本人の場合、最初はそれでいいけどのめり込むのが怖い、実際始めるとそういうわけにはいかないというのが頭の中について回ります。

こういった考え方の人たちをどうやって納得させて、カジノを日本に定着させていくべきか。
これがまさに、今の日本が抱えている課題でもあります。


この記事をシェアする