>

日本とカジノの関係とは

カジノ法案

まずは、カジノ法案というものについてお話したいと思います。

カジノ法案は、数年前から案は出ており何度も話し合いを重ねた結果、2016年に正式に成立しました。
カジノ法案という名前なので、カジノだけ作るのかと思われているでしょうが、そんなことありません。
正確には、カジノをメインにして、ホテルやショッピングモールなどのエンターテインメント施設を作っていこうということなのです。

一部では発案の理由として、数年後に開催される東京オリンピックと合わせた経済効果を期待しているからだと言われています。
オリンピックを見に来た外国人観光客に、ついでにカジノを楽しんでもらおうというわけで、現に外国人観光客のカジノの入場料は無料だという案が出ています。

カジノになる予定の場所

では、一体どのような場所が実際のカジノになっていくのでしょうか。

先述のように、カジノだけでなく他の娯楽施設も建設される計画なので、ある程度広い場所を確保しなければなりません。
ですので、やはりそれだけのスペースが用意出来る、少し郊外の土地が3ヶ所、すでに有力候補として名前が挙がっています。
その中には、誰もが名前を聞いたことがある有名な観光地も名を連ねています。
その他の似たような場所も、経済効果を期待してか何ヶ所も自ら誘致に立候補しているので、もしかするとさらに増えていくかもしれませんね。

このように、日本にカジノを作るための準備が着々と進んでいるので、実現するのもそんなに遠くないかもしれませんね。


この記事をシェアする